2019年03月25日

ヤマトタケルを祀る 白角折神社(おしとりじんじゃ) 【佐賀県神埼市】



[ここに地図が表示されます]


白角折(おしとり)神社は、創建年代は定かではありませんが、

貞観15年(西暦873年:平安時代)に、従五位下を授けられた

由緒ある古社です。


0.jpg



城原川が谷より平野部に流れ出る水口の川沿いに位置しており、

川(水利)を治める重要な地点に鎮座して、高志宮、櫛田宮とともに

神埼荘の三所大明神として崇敬されています。


祭神は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)。


1.jpg


白角折(おしとり)の名称は、日本武尊が熊襲征伐のときに

白角折神社から的に向かって矢を射たという伝説から

幣作りのおしとり部と関連があるという説、

西方の国を制圧するときに鳥が白い角を持ってきて、

戦況が有利になったことから「おしとり」と呼ぶようになったという説があります。


2.jpg


白角折神社には、昭和40年(1965年)、

佐賀県の天然記念物に指定された

樹齢1000年を越える堂々たる楠の大木があります。


3.jpg


この大楠は樹高約26m、根回り約27m、

1000年を超えた今でも、まだ成長の途中という、

県下でも代表的な見事な楠の巨木です。



平安時代から三所大明神(サンショダイミョウジン)の一つとして

崇められてきた白角折神社は、


櫛田宮(クシダグウ)のクシナダヒメ、

高志神社(タカシジンジャ)のスサノオノミコトのふたりの神様とともに、


日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が神埼を守る御祭神として祀られています。


4.jpg

白角折神社は、明治44年に神埼市神埼町的にある


仁比山神社に合祀され、御神体は仁比山神社に移されました。




鎮座地:佐賀県神埼市神崎町城原






posted by koh777 at 00:00 | 福岡 ☀ | 佐賀県の神社・パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。